• TOP
  • Oracle Cloud について

About Oracle Cloud Oracle Cloud について

Oracle Cloud とは

Oracle Cloudは、Oracle社が提供する50を超えるサービスを統合した、豊富なパブリック・クラウドサービスです。パッケージ製品として提供されていたソフトウェアを、インターネット経由でサービスとして提供・利用するSaaS(Software as a Service)、アプリケーションソフトが稼動するためのハードウェアやOSなどのプラットフォーム一式を、インターネット上のサービスとして提供するPaaS(Platform as a Service)、情報システムの稼動に必要な仮想サーバをはじめとした機材やネットワークなどのインフラを、インターネット上のサービスとして提供するIaaS(Infrastructure as a Service)など、多種多様なサービスを利用できます。

IaaS(Infrastructure as a Service)とは

ITインフラをインターネット経由し、サーバーなどのマシンやネットワークインフラを丸ごとオンデマンドで提供するサービスです。ユーザーが任意のプラットフォームとアプリケーションを使えるため、物理サーバーを直接提供するレンタルサーバーとは異なり、マシンの処理能力や記憶容量を必要に応じて必要なだけ利用することができます。また、SaaS、PaaSも全方位でカバーしているOracle Cloud なら、将来的な一元化も可能になります。

On-Premiseと変わらぬ環境を
クラウドで

これまで、他社のクラウドではシステムを移行する際に、既存システムのアーキテクチャを変更せざるを得ませんでした。 しかし、Oracle CloudならOn-Premiseと同等の環境をクラウドに移行することができます。
さらに、PaaSと連携することで、Oracle RACやWeblogicなど、他社のクラウドでは移行の懸念になっていた製品も、これまでと全く同じように動作することができます。

Oracle Cloudスタータパック
for IaaS の特徴

システムを新規構築・移行をするには、設計・構築・試験・チューニングなど様々な工程を踏む必要があります。クラウドを初めてご利用になる方は、なるべく設計・構築の時間を短縮し、試験を念入りに行うことで不安を取り除き、システムを安心してご利用いただくことが必要です。
Oracle Cloudスタータパックは、WEB画面で設計をし、自動構築をすることで、構築までの時間を大幅に短縮することができます。また、クラウドの特徴を最大限に活かすために、何度でも環境を再構築することが可能です。

料金・環境構成シミレーション